自分を見つめ直したい

ネガティブ思考をやめたいなら、次の一手を考えるクセをつけよう

 

ネガティブな自分をやめたいけれど、どうしたら良いか分からない…

こういう方、いると思います。

 

  • 前向きにならなきゃ!
  • ネガティブな自分が嫌い…
  • ポジティブな方が人生うまくいくって聞くし、私も頑張って前向きになろう!

くるみ
くるみ
世の中にはポジティブ思考であれ!という声もありますもんね。

ちなみに私はネガティブです。

昔も今も、ネガティブ。

 

どん底人生を送っていた昔に比べて圧倒的に幸せに生きる今。

そんな今も、ネガティブです。

 

でも、昔と今のネガティブには差があります。

ネガティブな感情を相棒にするようになったからです。

具体的には「ネガティブ思考をやめたいなら、次の一手を考えるクセをつけよう」ということです。

くるみ
くるみ
やめるというよりも、ネガティブを相棒にしちゃいましょう。

この記事を読むと、ネガティブな感情を相棒にすることの意味が分かります。

ぜひ読んでみてくださいね。

ネガティブ思考をやめたいなら、次の一手を考えるクセをつけよう

あ~、私ってダメ人間だ。

朝から寝坊しちゃったし、肌荒れひどいし、髪ボサボサのまま出勤しちゃったし、財布持ってくるの忘れたし、締め切り忘れてたし、ランチ食べ過ぎたし、食べ過ぎて午後眠くて仕事に集中できなかったし、言われてた仕事すっぽかしちゃったし、超おおきいミスしちゃったし…ダメだダメだダメだ~

 

昔の私はそんな感じでした。

他にも、周りの人のちょっとした一言に傷ついてクヨクヨしたり、彼氏ができない自分は人間として終わっている…とか、自分の周りで起こっていることを全部ネガティブに受け取って引きずっていました。

 

今はここまでではありませんが、それでもネガティブです。

仕事でミスをしたら落ち込むし、自分の幼さに嫌気がさすこともあります。

 

それでもどん底人生から這い上がって幸せになれたのは、さっき書いた通り。

ネガティブな感情を相棒にする視点を持てたからです。

くるみ
くるみ
前置きが長くなりました。

「ネガティブ思考をやめたいなら、次の一手を考えるクセをつける」の意味を見ていきます。

ネガティブ思考のあなたが心がけると良いこと。

それはネガティブな感情を感じたら、次の一手を考えることです。

 

ネガティブな感情を感じることに問題はありません。

くるみ
くるみ
というか、ちゃんと感じましょう。

ネガティブ思考をやめたいと考える方は、その気持ちをずっと引きずりがちなんです。

 

ネガティブ思考の厄介なところはこれです。

ネガティブな感情を理由に、次の行動が起こせなくなってしまうこと。

 

ネガティブな感情に怯え、動けなくなっているんです。

 

あとで紹介しますが、ネガティブな感情はあなたの相棒です。

ネガティブな感情を感じたら、次の一手を考えるクセをつけていきましょう。

くるみ
くるみ
ネガティブな感情と一通り向き合ったら「あ、ずっとネガティブな気持ちに支配されちゃってる…」と、自ら舵を切っていきましょう。

ここからは、ネガティブな感情についてもう少し詳しく紹介します。

ネガティブな感情の正体

自分の気持ちがわからない…本当の自分を知る方法を丁寧に解説します

ネガティブな感情はあなたを守る警告機能

ネガティブな感情があなたに教えてくれるのは「あなたの身に危険が迫っているよ!」という警告です。

 

たとえば不安。

雨が降りそうな空を見て不安を感じるから、傘を持って出かけられますよね。

何の不安も感じないと、雨でずぶ濡れになってしまいます。

 

たとえば嫉妬。

幸せそうな友人にイライラする気持ちがあるから、自分の寂しさに気付けます。

相手を攻撃して自分を正当化しないと気持ちのバランスが取れない。

それぐらい、あなたの心が苦しんでいるんだよ!と嫉妬心は教えてくれています。

 

たとえば疲れ。

疲れるからこそ休めます。

あの人は疲れ知らずだ、とか言いますが、それでも人間です。

疲れることができず限界を超えて働き続けたらいつか死にます。

 

ネガティブな感情は、あなたに危険が迫っているという警告をしてくれる存在です。

ありがたいと思いませんか?

ネガティブ思考になる過程を分解してみる

ここで、ネガティブ思考になる過程を分解します。

 

  • ネガティブな感情を感じる
  • それをずっと引きずる

ざっくりですが、こうして人はどんどんネガティブ思考になっていきます。

 

こで伝えておきたいのが、ネガティブな感情を感じることは全くダメなことではないということ。

 

さっき書いた通り、ネガティブな感情は警告です。

くるみ
くるみ
引きずるとネガティブ思考を助長させてしまいますが、元々は警告としてあなたに備わっている機能なんです。

ネガティブな感情をずっと引きずっている状態。

それがネガティブ思考です。

空っぽポジティブの弊害

余談ですが、私も一時期空っぽポジティブ人間でした。

人生を変えるにはアファメーション(自己暗示)が良いと聞いて、私は幸せ!豊か!満たされてる!と呪文のように唱えてました。

くるみ
くるみ
自分の中からネガティブな感情を徹底して排除しようとしてたんですね。

でも気がついたら、自分の気持ちが分からなくなってました。

辛かったです。

 

ネガティブな感情を無視し続けると、人はだんだん自分の感情が分からなくなっていきます。

せっかく出してくれる警告をずーっと無視しているわけですから。

 

空っぽポジティブは苦しいだけですよ。

まとめ ネガティブ思考をやめたいあなたへ

ネガティブをやめたいあなたへ、ネガティブな感情を相棒に、次の一手を考えるクセをつけようという話をしました。

くるみ
くるみ
ネガティブな感情はあなたの味方ですから、怖がらずに向き合っていきましょう。
まとめ
  • ネガティブ思考を変える鍵は、ネガティブな感情を感じたら次の一手を考えること
  • ネガティブな感情はあなたを守る警告機能であり相棒
  • 空っぽポジティブを続けると、だんだん自分の感情が分からなくなっていくから危険

 

休みが必要な時もあります

ネガティブな自分をどうにかしたい…と考えている方は、うつ病になっている可能性もあります。

考えがまとまらなかったり、全く気力が出なかったり、日常に行きづらさを感じている場合は無理せず休憩・受診しましょう。