恋愛に自信がない

都合のいい女を卒業したいのに…元彼に未練タラタラだったわたし

都合のいい女を卒業したいのに元彼に未練タラタラだったわたし

 

都合のいい女を卒業したいのに、元彼に未練タラタラなあなたへ

まったく自慢になりませんが、私は都合のいい女経験がわりとある方です。

 

本ブログ(どん底姫)では散々言っていますが、私から伝えたいのは「都合のいい女から本命を目指すのはやめましょう」ということです。

後半では元彼の都合のいい女になったわたしの経験もお話します。

都合のいい女を卒業したいあなたに読んでほしいです。

くるみ
くるみ
都合のいい女から本命になる方法を探している方は、そっとページを閉じてください。

都合のいい女から卒業したいあなたへ

結論から書きますが、都合のいい女を卒業したいなら、今すぐ彼との連絡を断ちましょう。

 

「もうあなたには連絡しないことに決めたんだ…」とか、ご丁寧に彼へ連絡する必要はありません。

彼から返事が来たら、また揺らいじゃいますから。

 

着信拒否、LINEも消してブロックぐらいのシャットアウトをしましょう。

スポンサードリンク

都合のいい女を卒業したいなら…?すべきことはシンプル

連絡が来ることに希望を抱いているあなたにとって、連絡の手段を無くすのは残酷な選択かもしれません。

しかし都合のいい女を卒業したいのなら、それぐらいしないと正直無理です。

 

彼が入り込めるスキを作っていたら、あなたは永遠に揺らぎます。

あなたは都合のいい女を卒業したいんですよね?

それならすべきことはシンプル。

 

彼から連絡が来る構造を根本的に壊すんです。

あなたの選択は間違っていません。大丈夫。

考えただけで辛いかもしれませんが、意外とスッキリします。

大丈夫です。

 

都合のいい女を卒業するというあなたの選択は間違っていません。

あなたはちゃんと先に進めますから、大丈夫です。

きちんと行動していけば、必ず素敵な人に出会えます。

くるみ
くるみ
なんであんな人に夢中だったんだろう?思える日が来ますよ。

たしかに離れるときは辛いと思います。

でも、案外サラっと忘れられますから。

 

あなたも薄々気づいてると思いますが、彼にとってあなたは「都合のいい女」なんです。

頑張ってもきっとそれ以上にはきっとなれません。

スポンサードリンク

彼の気持ちを受け止め、次へ進みましょう

そんな彼の気持ちを受け止めるのは苦しいと思いますが、次に向けて進みましょう。

長い間都合のいい女だった私も、彼から離れることを決心して素敵な人に出会いました。

トントン拍子で結婚し、安心感のある毎日を過ごしています。

 

結婚はゴールではないけれど、それでも大好きな人と手を取り合う日々は本当に心穏やかでいられます。

 

「自分は都合のいい女体質だから…」とか色々理由をつけ、彼といる選択をするのもダメなことではないと思います。

 

しかし…、本当にそれでいいんですか?

この文章まで読み進めているあなたは、「本当は自分を大切にしてくれる人に出会いたい」と思っていませんか?

 

それなら、辛いけれど彼から離れましょう。

都合の女でいつつ、次の恋を探します!←ダメ

ちなみに「都合のいい女でいつつ、次の恋を探す!」みたいなスタイルはおすすめしません。

 

かつて私もしましたが、結局都合のいい女から離れられなくて彼のところに戻ってしまいました。

 

新たな出会いを探す中で嫌な局面に差し掛かったとき、1番はじめに浮かぶのが彼の顔…みたいな、ますます彼を求めてしまう悪循環になりかねないので本当にやめましょう。

Sponsored Links

【経験談】元彼の都合のいい女になった私

いろんな男性の都合のいい女になっていた私。

元彼の都合のいい女になっていた時期のエピソードを紹介します。

新しい彼女ができた彼に未練タラタラ…

すでに新しい彼女ができた彼。

新しい彼女が忙しいときに呼ばれる形で会っていました。

 

都合のいい女の自覚はありつつ、ヨリを戻せるかもしれない…と期待しまくっていた私。

会う場所は私の家か彼が来やすい場所です。

 

女好きだった彼は、その状況で私に合コンのセッティングを頼んでくることもありました。

 

「彼の言うことを聞けばヨリを戻せるかもしれない…。」

そんな期待がもちろんありました。

会うときの食費やホテル代は割り勘、お金に余裕がない私は財布の中身も寂しいことになっていきました。

 

「でも…もしかしたら…彼は私を選んでくれるかもしれない。」

そう自分に言い聞かせることで、自分の行動を正当化していました。

Sponsored Links

ある日聞かされた衝撃な話

そんなある日のことです。

 

 

彼が新しい彼女の両親に会ったと言ってきました。

 

雷が落ちたような衝撃が私の頭を通ります。

 

「あぁ、結婚考えてるんだ…。私はもう選ばれないんだ。」

 

うすうす気付いてたこと。

彼が私を選ぶことはない。

というか、分かっていたけどそう思わないようにしていました。

 

でも、都合のいい女だとしても、私は彼を諦めきれませんでした。

せめぎ合う気持ちと決心

彼を忘れて次に進みたい気持ちと、新しい彼女への気持ちが冷めて自分のところに来てほしいという願いが頭の中でせめぎ合います。

 

仕事も手につかず、内容に関わらず優しく声をかけられると涙が溢れてきそうでした。

(と言うかトイレで泣いてた。)

 

少し時間が経ち、前に進む気持ちが出てきました。

もう、彼から連絡があっても無視して前に進もう。

 

今の私から見たら「いや、余裕でしょ」と感じることでも当時の私には拷問レベルで辛い決心でした。

 

周りから見たら「そんなことで?」と思うかもしれないけど、当事者にしてみれば本当に辛いことだったりしますよね。

彼との連絡を断つ選択は間違えてないのだろうか?

自分は前に進めるのだろうか?

そんな不安もたくさんありました。

Sponsored Links

がんばって物理的な距離を取る

そんな私がどう彼との関係を終わらせたかと言うと、それはそれは頑張りました。

 

何を頑張ったかって、「彼の存在を自分の日常から薄くしていくことを」です。

最初は無理矢理にでも、自分を彼から引き離さないと何も変わりません。

いきなり彼を忘れるのは難しいので、物理的に離れました。

 

連絡が取れないように番号・LINE・メールアドレスは削除。

Facebookやインスタで繋がっている場合は彼の投稿が見えないように設定するのもおすすめです。

 

すごく頑張った。つらい決意をしたと思います。

都合のいい女を卒業したい!そう離れる決心をして行動を起こし始めたときって、辛いと思います。

でもきっと、今の行動をして良かったと思える日が来ますから。

あなたなら大丈夫です。

Sponsored Links

まとめ|都合のいい女を卒業するためには、頑張る必要があります

都合のいい女を卒業したいのに気持ちが煮え切らないあなたに向けて書きました。

都合のいい女を卒業するためには、頑張る必要があります。

 

私は今、素敵な彼とともに生活しているわけですが、そんな様子を見て恋愛がうまくいかない友人がよく言ってきます。

「くるみは素敵な人と出会えていいなぁ〜」と。

 

いやいやいやいやいやいや、何言ってるの!?って感じです。

 

素敵な彼(夫)に出会うまでに、私は私なりに勇気を出して苦しみながら行動を重ねてきたわけです。

 

もしあなたが都合のいい女を卒業したいと感じる中で、周りと自分を比べて落ち込んでいるのなら伝えたいです。

 

「悩む暇があるならさっさと行動してください」と。

くるみ
くるみ
ここまで読んだあなたなら大丈夫。

次の行動、起こし始めましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です