どん底人生から這い上がる方法

人生を変えたい!と、行動していくために必要な5つの心構えを経験から語る

人生を変えたい!と、行動していくために必要な5つの心構えを経験から語る

 

本ブログ(どん底姫)では、どん底人生を変えていく方法を紹介しています。

どん底人生を変える6つのステップ

  1. 行動を起こす前の土台づくりをする ←ここ!!
  2. あなたの気持ちを整理する
  3. ネガティブな感情を癒す
  4. あなたがあなたにしてあげられることを考える
  5. 行動する
  6. ①〜⑤をひたすら繰り返す

 

恋愛も仕事もお金も全部どん底…。

今私が消えても、悲しむ人っていないんじゃない?

消えたいな…。もう何もなかったことにしたい。

もっと気持ちが満たされた毎日を送りたい。

 

私はそう感じていました。

くるみ
くるみ
何もうまく行かない人生って惨めだし苦しいですよね。

私自身、自分は人として大切なものが欠けている気がしていました。

 

実は、辛い人生を好転させる方法ってあるんです。

それは、自分の気持ちを大切に大切にして行動していくこと。

 

それだけで?と思う方もいるでしょう。

それだけです。

ただ、この作業って結構根気がいるんです。

 

なのでこの記事では、辛い人生を好転させるための土台作りをしていただきます。

この土台、とっても大切です。

 

人生を変えたい!と、行動していくあなたを助ける記事になっています。

くるみ
くるみ
ぜひ読んでみてください。

人生を変えたい!行動していくために必要な5つの心構え

くるみ
くるみ
人生を変えたい!と行動していくために必要な5つの心構えを紹介します。 

1%でも良いから自分の人生は良くなっていくと信じる

まず、自分の人生は良くなっていくと信じましょう。

今は1%だけでも良いです。これは意外に難しいけどとても大切です。

 

これが大切な理由は、人は目的地が決まらないと動き出せないから。

スタート地点にも立てないんですね。

 

身近な例だと旅行。

旅をしたい時って、場所を決めますよね。

くるみ
くるみ
行き当たりばったりの旅だとしても、最終的に「ここへ行こう」という意志が無いとあなたは絶対どこにも行けません。

沖縄に行きたかったら、沖縄の情報を集めて予約をしていきますよね。

「なんとなく旅をしよう~」と場所を決めないままでいると、どこにも行けません。

 

人生も同じです。

なんとなく生きていても、ぼんやりした人生しか送れません。

 

私の人生は幸せな方向に向かっていく。

 

今のあなたはそう思うことに違和感を感じるかもしれません。

1%だけで良いので、良い方向に行くと信じてみてください。

 

沖縄に行こう~と同じノリで。

幸せな方向に行こう~と思ってみましょう。

スポンサードリンク

やめない

次は、辞めないことです。

これは、コツコツ続けることにプレッシャーを感じる私が心がけていることです。

 

くるみ
くるみ
継続という言葉にプレッシャを感じて一切辞めてしまうぐらいなら、辞めないというスタンスでこのブログを読んでみてください。

自分の気持ちを大切に行動していくのって地味な過程なんです。

なかなか変化が見えないけれど、時間をかけて行っていくのが本当に大切なんです。

 

あなたの歳の数だけ重ねてきたその人生。

それを変えていくって、はっきりいって大変です。

 

1日2日では変わりません。

この記事にかいてある心構え、そして自分の気持ちを大切にして行動していくこと。

疑いつつでも良いから、辞めないでください。

 

例えば、ジム通いや勉強など。

自分の人生をよくするために始めたものの、なかなか続かなかった私。

 

いろんな原因がありましたが、理由の一つが「続けなきゃ…」という気持ちがプレッシャーになっていたことでした。

 

単なる表現の違いですが、継続するのではなく辞めない

くるみ
くるみ
ちょっと頑張れそうな気がしませんか?

休んでも良いけど辞めない。

忘れないでくださいね。

スポンサードリンク

思うようにできない時もあると知っておく

これまでの人生を変えるスタートラインに立っているあなた。

思うようにできない時もあると前もって知っておくことは大切です。

 

それを知らずに行動していくと、全てが嫌になって投げ出してしまう可能性があるからです。

 

私自身、30年近い人生を大きく方向転換させたので、変化に違和感を抱くことも結構ありました。

くるみ
くるみ
それでも変わってこれたのは、思うようにいかない時期もあると意識できていたからなんです。

 

なんかうまくいかない…という時も大丈夫です。

思うようにいかない時もあるよね~と自分の変化を楽しみに待ちましょう。

適当にやらない

適当にやらないことも大切です。

やった気になっている状態は、後々あなたを苦しませる原因になるからです。

 

例えばテスト勉強。

先生から「ここ出るよ!」と言われていたのを無視して適当に教科書を読んだ結果、赤点を取ってしまった人がいるとします。

 

「やったのに何で自分はダメなんだろう…」と自己否定が止まらなくなっています。

この人が赤点を取ってしまったのは、この人の人間性の良し悪しとは関係ありませんよね。

くるみ
くるみ
適当にやったから赤点を取った。ただそれだけです。

適当に勉強して取った赤点を、自分を否定する材料にしているんですね。

 

こうやって、ちょっと論点のズレた自己否定をしている人って結構多いです。

(というか私がそうでした。笑)

 

適当にやらない。

やった気にならず、きちんと自分の気持ちを大切にしていきましょう。

Sponsored Links

依存せず自分で自分を助けると意識する

依存せずに自分で自分を助ける気持ちも大切です。

 

あなたを変えられるのはあなただけです。

変えるための方法やヒントを上手に使って、最後は自分の意志で行動していくのが大切です。

 

憧れの人の自己啓発講座、やる気の出る本など…

聞いただけ、読んだだけで変わった気になってしまう。

くるみ
くるみ
こういう、昔の私みたいなタイプ…正直一番タチが悪いです。

自己啓発系の本や講座ってグワーっとやる気が出るんですよね。

高いお金を払っていたりすると余計に、見返りを求めて相手頼みになってしまう。

 

そこに浸っている間の自分ってなんでもできる気がしています。

ただ、いざ自分で行動しようと思うと面倒くさかったり何なりと理由をつけて結局できない。

 

話は変わりますが、私が好きなことわざがあります。

 

馬を水飲み場まで連れて行くことはできるが、水を飲ませることはできない。

他者に強制的に機会を与えることはできても、考えを変えることはできないという意味です。

くるみ
くるみ
昔の私は、自分から水飲み場に来ただけで水を飲んだ気になっている馬でした。笑

どん底から抜け出したい!とこの記事を読み進めても、最後にそれを実行していくかはあなたの意志にかかっています。

 

私が無理やり水を飲ませたところで、あなたはゲホゲホむせるだけ。

苦しいですよね。

あなたの口の前、限界の限界まで水を運んだとしてもあなたに飲む気がないなら水は飲めません。

 

どん底な人生を方向転換させるために、依存せずに自分で自分を助ける気持ちを大切にしましょう。

Sponsored Links

まとめ 人生を変えたい!行動していくために必要な5つの心構え

この記事では、人生を変えたいあなたが行動していくための土台作りとして5つの心構えを書きました。

まとめ
  • 1%でも良いから自分の人生は良くなっていくと信じる
  • やめない
  • 思うようにできない時もあると知っておく
  • 適当にやらない
  • 依存せず自分で自分を助けると意識する

ちなみに、当時の私はこの4つがブレブレでした。

くるみ
くるみ
昔の自分を思い出しながら書いたので、結構グサグサきましたよ。

サラッと書きましたが、結構難しいんですよ、これが。

でも、これを意識するとあなたの人生を変える土台が出来上がります。

 

ぜひ何度も読んでみてください。

 

どん底人生を変える6つのステップ。

次は「②あなたの気持ちを整理する」。

こちらの記事に移動しましょう(o^^o)→→→自分の気持ちがわからない…本当の自分を知る方法を丁寧に解説します

どん底人生を変える6つのステップ

  1. 行動を起こす前の土台づくりをする  済 
  2. あなたの気持ちを整理する  ←次はこれ!!
  3. ネガティブな感情を癒す
  4. あなたがあなたにしてあげられることを考える
  5. 行動する
  6. ①〜⑤をひたすら繰り返す

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です