自分を見つめ直したい

人生を這い上がるときに知っておくべきネガティブな感情との付き合い方

 

くるみ
くるみ
あなたは普段、ネガティブな感情を吐き出していますか??

この記事では、人生を這い上がるときに知っておくべきネガティブな感情との付き合い方を書いていきます。

人生を這い上がるときに知っておくべきネガティブな感情との付き合い方

ここから、人生を這い上がるときに知っておくべきネガティブな感情との付き合い方を紹介します。

ネガティブな感情はあなたの相棒であると知る

ネガティブな感情は、あなたの相棒です。

その相棒たちは、あなたが幸せになるためのヒントをたくさん出してくれています。

くるみ
くるみ
きっと、どん底の人生を送っている方は自分の気持ちと向き合ったことって少ないと思います。

私もそうでした。

今まで見て見ぬフリしてきた相棒(ネガティブな感情)。

本来、あなたを助けたくて生まれてきたんです。

 

ネガティブな感情はあなたを危険から救い出してくれる協力な助っ人です。

そんな大切な相棒、どうして今まで見ないフリをしてしまったんでしょうね?

もっと、あなたの心が出しているサインに敏感になりましょう

もっと、あなたの心が出しているサインに敏感になりましょう。

 

身体の苦しさに比べて、心の苦しさって甘く見られがちです。

それはなぜかというと、なんとか頑張れてしまうから。

 

お腹が痛すぎたり、骨折したりと表面的に分かりやすい変化が生じるので体の症状は注意しやすいですよね。

くるみ
くるみ
でもそれが、心になるとつい軽く見てしまう。

どんなに心が疲れていても傷ついていても笑顔でごまかせちゃう。

あなたの心、本当はボロボロかもしれません。

 

骨折しながら走り続けたり、お腹の激痛に耐えながら残業しているぐらい、ハチャメチャな無理をしているかもしれません。

くるみ
くるみ
もうあなたは限界なんだよ!って、ネガティブな感情があなたにサインを送っているかもしれません。

ネガティブな感情は抱いたらいけないと思っていた私。

ずーっと心の奥に彼らを押し込めていました。

 

いくら相棒とは言え、あなたに無視されて押し込められると苦しくなってきます。

 

あなたの心の中は、まさに満員電車状態です。

もうドアが壊れそうになってます。

 

ネガティブな感情を感じることで、あなたはそのドアを少しだけ開けて相棒を引っ張りだすことができます。

嫉妬したり不安だったり、自分はこんなにドロドロしたものを抱えていたんだ〜と感じることが、人生を這い上がらせるのに必須です。

 

 

ちなみに思考は現実化する、とよく言います。

あれは、心の奥底にある押さえ込んでいる気持ちが現実化してしまうんです。

ネガティブな感情を吐き出したところで嫌な現実になるわけじゃありません。

 

ネガティブな感情と向き合って自分がどうしたいか考える。

そして、その方向に向かって行動していく。

 

すると次第に、あなたの心には安心感が生まれてきます。

安心感で満たされた心が現実に反映されるので、人生はどんどん良い方向に動いていくというわけです。

 

というわけです、とか偉そうに言ってますが(笑)、私もまだまだこのあたりは勉強中です。

くるみ
くるみ
ただ、私の実感として自分の心の内側が現実に反映されている感覚は確かにあります。

ネガティブな感情があなたに教えてくれること

続いて、ネガティブな感情があなたに教えてくれることを身近な話を例に書いていきます。

痛み

例えばお腹の症状。

お腹がゆるくなったり逆に張ったり。

吐き気などもありますよね。

 

そういうときは、お腹に異変が起きている証拠です。

実際にいつもより生活しづらくもなりますよね。

 

だから私たちは、今夜はお腹に優しいものを食べよう、とかあまりにも痛かったら病院で診てもらおう、とか行動に移せます。

 

もしお腹の中で異変が起こっているのに痛みや吐き気が起こらなかったら、私たちはその異変を放置してしまいます。

 

ケガの痛みもそうです。

転ぶと痛いですよね。

痛みを感じるから、次からは危険を避けるように注意できます。

 

転んでも全く痛みがなかったら、骨を折ったり頭をぶつけて大変なことになるでしょう。

不安な気持ち

たとえば不安。

雨が降りそうな空を見て不安を感じるから、傘を持って出かけられますよね。

何の不安も感じないと、雨でずぶ濡れになってしまいます。

嫉妬心

たとえば嫉妬。

幸せそうな友人にイライラする気持ちがあるから、自分の寂しさに気付けます。

相手を攻撃して自分を正当化しないと気持ちのバランスが取れない。

それぐらい、あなたの心が苦しんでいることを嫉妬心は教えてくれています。

疲れ

たとえば疲れる気持ち。

疲れるからこそ休めます。

あの人は疲れ知らずだ、とか言いますが、それでも人間です。

疲れることができず限界を超えて働き続けたらいつか死にます。

まとめ 人生を這い上がるために、ネガティブな感情を相棒にしていこう

人生を這い上がるために、ネガティブな感情を相棒にしていきましょう。

自分の内面を充実させていくことによって、あなたの人生はしっかり変化していきます。

今回伝えたいのは、

  • 自分の気持ちをしっかり見つめて行動していくのって大切!
  • ネガティブな感情を怖がらないで!

ということです。

怖がらず、自分の内面を知る勇気を持ちましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です