くるみの黒歴史

【コンプレックスだらけ】好きな人に歯が汚いと言われて笑顔が消えた話

【コンプレックスだらけ】好きな人に歯が汚いと言われて笑顔が消えた話

 

あなたにはコンプレックスってありますか?

くるみ
くるみ
私にはあります。

特に昔は、コンプレックスの塊でした。

よく「自分を受け入れれば小さいコンプレックスなんて気にならなくなる♡」とか言いますが、私はアレに真っ向から異論を唱えます。

だってやっぱり自分の見た目や性格は自分で好きでいたいから。

 

今の私は昔に比べてずっと自分に自信があります。

しかしだからって、見た目がどんな自分だって好き!とまでは思いません。

いつもより顔がむくんでたり、メイクがうまくできないと「あ〜ぁ」と思います。

 

綺麗でいられるのって純粋に嬉しいですもん。

 

この記事を通して私が伝えたいのは、直せるものなら直していきましょうー!ということです。

くるみ
くるみ
好きな人に歯が汚いと言われて笑顔が消えた私の経験を紹介します。

コンプレックスだらけの方は、ぜひ読んでみてくださいね。

【コンプレックスだらけ】好きな人に歯が汚いと言われて笑顔が消えた私

くるみ
くるみ
では、「コンプレックスだらけだった上に好きな人に歯が汚いと言われて笑顔が消えた私の話」を紹介します。

スポンサードリンク

「笑顔がアレだよね。笑」

歯並びの悪かった私は、学生時代から歯列矯正をしていました。

 

矯正が外れたのは社会人2年目ぐらいのとき。

見違える歯並びになってテンションが上がりました。

くるみ
くるみ
ぐちゃぐちゃだった歯並びとサヨナラできる!と本当に嬉しくて、鏡で自分の歯をずっと眺めていました。

友人や職場の人にも「よかったね!」とか「めちゃ綺麗で羨ましい!」とか言われて喜んでいたある日。

 

合コンに出かけ、ある人に興味を持ちました。

Sっ気があるというか、ツッコミキャラの彼。

思ったことをズバズバ言う人でした。

 

後日その彼と食事に行ったのですが、お酒が回ってきた頃に突然言われました。

 

 

 

「てかさぁ…笑顔がアレだよね(笑)」

 

私「え?」

 

「なんか…歯が汚いんだよね(笑)」

 

 

この時の衝撃は忘れられません。

今思い出しても超むかつきます。

 

歯列矯正をすると、食べ物の色が歯に残りやすくなるんですね。

特にカレーとかワインとか。

頑張って磨いても、歯に器具がついているからどうしても磨き残しが出てしまうんです。

 

その時は自覚がなかったのですが、矯正前に比べて私の歯は黄色っぽくなっていました。

くるみ
くるみ
良いな〜と思っていた人から言われたのもショックだったし、矯正がやっと外れて嬉しかったので、本当に本当に傷つきました。

その日は泣きながら帰りました。

家に帰ってから、これまでの写真を見返す私。

 

矯正が取れて「思いっきり笑える!」と昔より笑顔の写真が増えていました。

 

でもよく見てみると歯が黄色い。

もう、恥ずかしくて消えたい気分でした。

そんなことで!?と思うかもしれません。

 

歯並びが綺麗になって舞い上がっていたこととか、気になっていた男性に目の前でネタっぽくされたこととか、恥ずかしくて惨めでいろんな感情が押し寄せてきたんです。

 

そこから、自分の笑顔にどんどん自信がなくなってきました。

スポンサードリンク

思い切って友人に打ち明けた結果…

歯の色はそこから数年間、ずっと気にしていました。

写真を撮られるのも、歯を見せて笑うことも嫌で仕方なかったです。

 

どうしたら良いんだろう…。

くるみ
くるみ
ず〜っと周りの人に話せなかったんですけど、ある日信頼している友人に話してみたんです。

すると友人が一言。

 

友人「え〜ホワイトニングすれば良くない?」

 

ホワイトニングって、芸能人がしてるやつ!?

あんな真っ白になったら不自然だし怖いよ〜

 

友人「もっと自然な白さのやつもあるよ〜」

 

自然な白さになれるホワイトニングがあるの?

それならやってみようかな…

 

わずかな期待を胸に、私はホワイトニングに興味を持ち探し始めました。

Sponsored Links

 

コンプレックスだらけの私がホワイトニングをした結果…

黄色い歯がコンプレックスだと友人に伝え、ホワイトニングを勧められた私。

色々調べて某クリニックを見つけました。

 

7万円ぐらいしたかな?

当時の私的にはそれなりにまとまったお金だったけど、悩みが消えるなら…と思い切って通うことにしました。

 

結果…

 

 

 

もう、最高☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

自分が求めていた白さにしてくれて、黄色い歯とサヨナラできました。

くるみ
くるみ
今はホームホワイトニングを時々して白さを保っています。

当時の私にとって7万円は結構な出費でした。

しかし7万円、払ってよかった…と心の底から思いました。

Sponsored Links

 

まとめ|コンプレックスだらけなら、どう変えていけるか考えませんか?

この記事を通して私が伝えたいのは、コンプレックスだらけなら、どう変えていけるか考えませんか?ということです。

歯の色にコンプレックスを感じていた私はホワイトニングで悩みを解消しました。

 

実はこのあとに全身脱毛もしました。

 

結果、大大大満足です。

 

毛深いのも嫌だったので、お金はかかったけれどしっかり対処しました。

くるみ
くるみ
この時代に生まれたんですもん。良いものは使ってナンボですよ。

自分を好きになったところで歯は黄色いままだし毛も減りません。

そこは切り離すべきです。

 

あなたにはどんなコンプレックスがありますか?

直せるものなら直す方法を考えると、良い方向に進むかもしれませんよ。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です