行動できる自分になりたい

人生を変化させたいけど、環境や自分を変える勇気が出ない時の考え方

 

人生を変化させたいけど、環境や自分を変える勇気が出ない!!

 

そんな方に向けて、環境や自分を変える時に感じる怖さとの向き合い方を書いていきます。

勇気を出して前に進みたい方はぜひ読んでみてください。

人生を変化させていくのって怖いですよね

人生を変化させていくのって怖いですよね。

周りから見たら大したことなくても、自分としてはすごい大きな変化だったりもします。

 

私は元々すごくビビりです。

小さい頃から気が弱かったし、就職してからもすぐに凹んで引きずるタイプでした。

 

このどん底人生を変えよう!と決意したものの、行動を起こすまでに時間がかかった理由。

それはやっぱり恐怖感があったからです。

 

環境をガラッと変えることも、自分自体を変えていくことも怖かった。

 

30年近く流れに身を任せて生きてきた私には、「自分の人生の主導権を自分で握るなんてハードル高すぎて無理!!」な話でした。

変化に対する恐怖や不安の正体

私がそこまで変化を恐れていた理由は…、

  • 失敗して笑われるかもしれないから
  • プライドがボロボロになるかもしれないから
  • 周りの目・世間体が気になるから
  • 嫌われるかもしれないから
  • 自分が逃げ出す根性なしに思えてしまったから

このあたりですね。

 

転職に失敗して笑われたらどうしよう…

バカにされたくない…

同じ会社で働き続けられないなんて根性なしだよね…

今までと違う自分になって周りから避けられたらどうしよう…

彼と縁を切ったら一生結婚できないかもしれない…

一生一人の私を見てみんなにダサいって思われたらどうしよう…

 

などなど、想像しては引き返す、みたいなことを延々とやっていました。

環境や自分を変えるときに出る恐怖との向き合い方

怖がりながらも、行動して環境や自分自身を変えてきた私。

行動を積み重ねた結果、天国と地獄という感じで生活が一変しました。

 

今改めて感じる、環境や自分を変えるときに出る恐怖との向き合い方をまとめます。

はじめの一歩は怖いけど慣れるから大丈夫

まず、はじめの一歩は誰だって怖いんです。

 

こんなこと言ったら元も子もないかもしれませんが。

新しいことを始める時って、誰でも怖さや不安を感じています。

 

大きな変化を避けてきた私も、はじめは変化していくことが怖くて怖くて仕方ありませんでした。

ただ同時に思うのが、新しい何かを始める時の怖さはだんだん減るということ。

 

仕事を変えたり人間関係を整理したり、自分の気持ちを相手に伝える過程でたくさん勇気を出してきました。

今はもう慣れたので、ポーンと一歩踏み出せます。

 

はじめの一歩は怖いけど慣れるから大丈夫です。

怖いのは最初だけ。

周りの声は一旦横に置いておく

周りの声は一旦わきによけておきましょう。

 

変わっていこうとするとき、周りの声が気になる方って多いと思います。

何より私がそのタイプなので、気持ちすごい分かります。

 

辛くても同じ場所で頑張り続けたり、我慢の先に感動を感じたりすることにこだわっている人も多いです。

これ、転職をするときにすごい感じました。

 

もうちょっと経験を積んでから…だの、ここで辞めてたらどこ行ってもダメだ…だの、根性が足りない…だの。

 

もうね…本当に、

 

 

うるさいですよ、って感じです。

 

心から心配して言ってくれる人も含め、その場所にとどまり続けたことで私に何か起こったとき、誰かが責任を取ってくれるわけじゃありません。

事実、心身ともにボロボロになっていましたが、会社は私を救おうとなんてしてくれませんでした。

 

周りの言葉を気にしすぎると、いつまでも気持ちが揺れ動いてしまいます。

周りの声は一旦わきによけて、自分の頭で考える余裕を持ちましょう。

行動してから修正していけばいい

失敗への恐怖が強かった私は、もし失敗したら…とかもっと心理学を勉強して自分なりの哲学を確立させてから…とか、わけの分からない理由をつけて変化することを先延ばしにしていました。

 

でも結局、行動してから修正していけばいいと思います。

というか、最初から全て上手くいく訳じゃありません。

 

行動し始める前の理想は、実際に動き始めるとガラッと変わったりします。

最初から完璧を追い求めず、行動しながら修正をかけていきましょう。

辛い場から離れるのは逃げではなく大きな一歩

辛い場からはさっさと離れてしまいましょう。それは逃げではなく方向転換のための大きな一歩です。

 

仕事をやめる私は根性なしなんじゃないか?とか、辛いことから逃げてダメだよね…と自分でも気にしていました。

そして「仕事が辛い」で辞めていたら何も続かないよ…みたいなことを上司にもネチネチ言われたんです。

 

でもそれは逃げじゃありません。

というか仮に逃げでも良いじゃないですか。

 

限界を感じている中で頑張り続けることに何の意味もありません。

 

あのまま仕事を続けていたら私は死んでいたかもしれないし、

あのまま彼と一緒にいたら私はどんどん自暴自棄になって頭がおかしくなっていたと思います。

 

転職して彼と離れたから今の私がいます。

 

辛い場からはさっさと離れて良いんです。

それは逃げではなく方向転換のための大きな一歩ですから。

結局、何とかなる

変化が怖い…と怯えていましたが、結局のところ「何とかなる」というのが私の結論です。

適当に言っている訳じゃありませんよ。

 

本当に、行動してみると分かるんですけど何とかなるんです。

 

私は実際に行動し始めて、当初思っていたのとは違う解決策に出会えたり、想像以上に自分の人生には選択肢が広がっていることに気づきました。

 

これは一歩踏み出さないと感じられない気持ちかもしれません。

何とかなるので、とりあえず進んでみてください。

まとめ 人生を変化させるときに出てくる恐怖との向き合い方

人生を変化させたいけど、環境や自分を変える勇気が出ない時の向き合い方を書きました。

まとめ

環境や自分を変える勇気が出ない時の考え方

  • はじめの一歩は怖いけど慣れるから大丈夫
  • 周りの声は一旦横に置いておく
  • 行動してから修正していけばいい
  • 辛い場から離れるのは逃げではなく大きな一歩
  • 結局、何とかなる

勇気を出して前に進むために、参考にしてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です