くるみの黒歴史

引き寄せができない…と、自己啓発系にさんざんハマってやっと気づいた意外な落とし穴

 

ずっと願っているのに引き寄せができない…と悩んでいませんか?

 

巷には引き寄せに関する本・セミナーが溢れています。

でもそれをもとに、実際引き寄せができた人ってどのぐらいいるんでしょう??

 

幸せな毎日を過ごしています♡

彼からたっぷりの愛情を受け取っています♡

お金がどんどん溢れてきます♡

豊かさが日に日に増しています♡

 

過去の私は、こんな感じで思ってもいないことをブツブツ唱えて幸せを引き寄せようとしていました。

もちろん何も引き寄せられませんでした。

 

タイトルにある、自己啓発系にハマって気づいた意外な落とし穴ってなんだと思いますか?

それは、夢を見すぎて行動が伴わない部分にあります。

私は引き寄せを誤解していました。

現実を見ていなかったし行動していなかったし、何より自分の気持ちを無視して表面的なものにすがっていたんですね。

 

というか私、引き寄せという言葉があまり好きじゃありません。

それは引き寄せるというよりも「願いに向けて行動するいたって現実的な過程」だからです。

引き寄せって表現をすると魔法みたいに感じてしまいませんか?

 

(この記事では分かりやすいように「願いに向けて行動するいたって現実的な過程」を「引き寄せ」と統一して表現します。)

 

 

話がそれました。

それでは、

  • 過去の私が引き寄せをできなかった4つの理由
  • 引き寄せるためにすべき4つのこと

を、自己啓発系にハマった私が紹介していきます。

 

引き寄せたいのにできない!と悩むあなたにも思い当たることがあるかもしれません。

是非読んでみてください。

過去の私が引き寄せをできなかった4つの理由

それでは、過去の私が引き寄せをできなかった4つの理由を書きます。

表面的なテクニックに頼りすぎていたから

まずは引き寄せ系の本・ブログにある表面的なテクニックに頼りすぎていたのが1つ目の理由です。

表面ばかりなぞっていたんですね。

 

これだと、ただのおまじないです。

私は素敵な◯◯さんが言ってるから…と盲目的に情報を信じ込み、「なぜそれをするのか」なんて全く考えず引き寄せようとしていました。

 

行動するというステップをスルーしていたんだから、そりゃ叶いませんよね。笑

 

ということで1つ目の理由は、表面的なテクニックに頼りすぎていたことです。

本当は苦しい現実から目をそらしていたから

現実を見ていなかったのも、私が引き寄せをできなかった大きな理由です。

自分の幸せがどこにあるのか全然分からない状態で幸せを探すと、大抵ドツボにはまります。

 

本当は仕事が辛くて仕方なくて、恋愛がボロボロで虚しくて、お金もなくて不安だらけで…楽に人生を終わらせたいと思うほどヘトヘトだった私。

でも、その現実はスルーして「幸せ!!」とか自分に言い聞かせていました。

文章にすると滑稽さがよく分かりますね。笑

 

「本当は苦しい」その現実を無視し続けるのも、引き寄せができない理由です。

そもそも行動していなかったから

私が引き寄せられなかったのは、そもそも行動を全然していなかったからです。

あなたは引き寄せたい何かに向けて行動していますか?

 

引き寄せは魔法ではなくいたって現実的な過程なんですよね。

「イメージして行動して叶える」というシンプルな話なんです。

 

当時の私は、イメージしてワクワクするだけで叶えられるのねっ!!と現実も見ていなかったし行動もしていませんでした。

イメージして行動して叶える♡」みたいに、思いっきり無視。笑

 

例えばスポーツ選手ってよくイメージトレーニングをしますよね。

でもそれ以上に、すごい練習していますよね。

 

羽生結弦だってケガを抱えながらも一生懸命練習してあの実績を残しています。

「飛べるっ!!」とかイメージだけして華麗に陰陽師を踊っているわけではありません。

 

私も、大きな実績をあげている人が人並みならぬ行動を重ねていることは知っていたはずなのに。

自分のことになると途端に「行動すること」が抜け落ちるんですよね。笑

 

行動を全然していなかった。

それも、私が引き寄せ難民になった理由です。

結果を急ぎすぎていたから

結果を急ぎすぎていたのも、私は引き寄せられなかった理由でしょう。

 

手っ取り早く(楽して)幸せになりたいと思っていました。

「幸せな毎日をイメージしていれば、数日で日常が劇的に変わる」と本気で信じていました。

 

でも変わらない。。。

だんだん焦り始めた私はさらに何も考えなくなり、表面的な行動をして人生を変えようとしていました。

 

私が人生を変えてこられたのは地道に行動してきたからです。

ある日世界が激変してピカーーーっっっ!!!!と光が射すわけではありません。

引き寄せるためにすべき4つのこと

続いて、引き寄せをするためにすべき4つのことを紹介します。

自分を大切にする

引き寄せたい!と思ったらすべきこと。

まずは、自分を大切にすることからです。

自分を無視して願う夢は、絶対にあなたを幸せにはしてくれません。

 

昔の私は、本当は沖縄に行きたいのに北海道を目指している状態でした。

というか本当は沖縄に行きたいと自分でも気づいていませんでした。

 

壊れたカーナビを完全に信じ込んでいました。

もちろん毎回微妙な場所につくので、ずっと苦しかったです。

 

まずは、自分を大切にしましょう。

目をそらさずに現実を見る

続いて、目をそらさずに現実を見ることも大切です。

現実を見ないと、自分が求めているものが見えてこないからです。

 

私はいろんな方面で自分を犠牲にしていたのに、それを無視して突っ走っていました。

 

消えたくなるぐらい苦しい気持ちはどこから来るのか?

きちんと自分で把握しないとダメです。

 

目をそらさずに現実を見ましょう。

長い目で見る

何かを引き寄せたい、変わっていきたいと願うのなら、長いスパンで構えましょう。

 

焦ると冷静な判断ができなくなるし、即効性を求めて適当なものに飛びついてしまうからです。(過去の私)

 

これはこのブログ(どん底姫)を書き始めた私のテーマでもあります。笑

しかし、行動を積み重ねることでしか前に進めないということを嫌というほど実感してきました。

なので、こうしてひたすら記事を書いてブログを育てています。

 

地味〜な行動を重ねることになんの意味があるんだろう…?とくじけそうになった時も、もう少し長い目で自分の人生を見てみましょう!

願う以上に、具体的に行動しまくる

最後はこれです。

願う以上に、具体的に行動しまくる。

 

やっぱり具体的にたくさん動かないと、具体的な答えは出ません。

たとえそれがうまく行かなくても、具体的に動いていれば具体的な改善策を考えていけます。

 

例えば転職。

今より残業の少ない職場に行きたい!と思ったとします。

 

  1. 「あ〜、今の職場いやだな〜」
  2. 「残業のない職場ないかな〜」
  3. 「残業のない職場探そ〜」
  4. 「とりあえず転職サイトに登録しよ〜」
  5. 「求人情報見てみよ〜」
  6. 「この会社良さそう〜」
  7. 「この会社良さそうだから問い合わせてみよ〜」

 

後半になるにつれて、今より残業の少ない職場に行きたい!という気持ちに対して具体的な行動を起こせていますよね。

 

もし問い合わせてみて、自分が思っていたのとは違う職場だったとしても…「じゃあ次の職場探すか〜」とどんどん具体的に行動を起こしていけます。

 

これが「あ〜、今の職場いやだな〜」で止まっていると、何も進みません。

 

これは本当に大切です。

願う以上に、具体的にたくさん行動していきましょう。

まとめ 引き寄せができない…と悩むあなたも大丈夫

  • 過去の私が引き寄せをできなかった4つの理由
  • 引き寄せるためにすべき4つのこと

を紹介しました。

まとめ
  • 過去の私が引き寄せをできなかった4つの理由
    • 表面的なテクニックに頼りすぎていたから
    • 本当は苦しい現実から目をそらしていたから
    • そもそも行動していなかったから
    • 結果を急ぎすぎていたから
  • 引き寄せるためにすべき4つのこと
    • 自分を大切にする
    • 目をそらさずに現実を見る
    • 長い目で見る
    • 願う以上に、具体的に行動しまくる

 

繰り返しますが、引き寄せは「願いに向けて行動するいたって現実的な過程」です。

これを理解するのに私はかなり遠回りをしました…。

 

もし願っているだけで本当になんでも叶う♡と信じている方がいたら、「違うよ」と言いたいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です