行動できる自分になりたい

妥協してて良いの?人生100年時代、残りの時間をどう生きるのか

 

最近、人生100年時代という言葉をよく聞きます。

  • ある海外の研究では、2007年に日本で生まれた子供の半数が107歳より長く生きると推計されており、日本は健康寿命が世界一の長寿社会を迎えています。
  • 100年という長い期間をより充実したものにするためには、幼児教育から小・中・高等学校教育、大学教育、更には社会人の学び直しに至るまで、生涯にわたる学習が重要です。
  • 人生100年時代に、高齢者から若者まで、全ての国民に活躍の場があり、全ての人が元気に活躍し続けられる社会、安心して暮らすことのできる社会をつくることが重要な課題となっています。

(人生100年時代構想会議中間報告より)

健康寿命が世界一だとか、元気に活躍する社会だとか、生涯学習なんて興味なし!と思う方もいるかもしれません。

昔の私もそうでした。

 

ただ、現在の私はあいにく希望に満ち溢れています。笑

 

これから自分の人生をもっとも〜っと良くしていきたい!

そう思って過ごしているし、人生に絶望感を感じていた昔の私みたいな人が少しでも良い人生を送れると良いなぁとこのブログ(どん底姫)を書いています。

 

で、です。

自分の人生を生き切りたい!と思ったとき、私の人生はあとどれぐらい残されてるんだろう?と気になりました。

今回簡単に計算した結果と感じたことを書いていきます。

 

ここまで読んでいるあなたは、人生に絶望を感じつつも希望を見つけたいと思っているんじゃないでしょうか?

 

はっきり言って、妥協してる場合じゃないと思います。

人生を変えていくのは簡単じゃありません。

そして変えたい!と行動した人にしか変化は訪れません。

 

でも、行動していくことで確実に変化は起こるし、生きてて良かったと思える日がきっと来ます。

 

偉そうなことを言ってる私も探り探り生きています。

 

人生100年時代、残りの時間をどう生きるのか。

これを読んで何か感じてもらえると嬉しいです!

人生の残り時間を知る〜私は今、何時頃?〜

「人生を1日としたとき、年齢を3で割ると自分が何時辺りを生きているか分かる」というのを聞いたことがあります。

 

例えば30歳の場合、30÷3で10!

つまり、人生を1日と例えたときに10時のあたりに自分がいるという計算になります。

 

しかし3で割るのは平均寿命が72歳のとき。

今は人生100年時代と言われているので、4で割るほうが時代に合ってると思います。

 

というわけで私も計算してみました。

私は現在31歳です。

31÷4=7.75。

 

約100年生きるとしたとき、人生を1日に例えると私は朝8時前にいることになります。

 

100年生きるという前提なので、実際はもっと短いかもしれません。

でもまだ朝です!

家を出て満員電車に揺られてる頃かな。

 

数年前まで自分の人生はもう終わってるから…と投げやりに生きてたけど、まだ朝!

ここからどんどん動き始めるところに私はいるんです。

 

いや〜、暗い朝活よく頑張ったわ。笑

あなたの人生は、何時ですか?

あなたは今何時頃ですか?

私より若い方だと、起きたばっかりの時間かもしれませんね。

 

過去の私は起きたて、朝の支度中に「あ〜、もう今日は終わった…」とか諦めてました。

 

同じく人生に絶望を感じているあなたも、まだまだこれから動き始める時間だと思います。

 

年齢を4で割るだけで、あなたが今何時頃にいるか分かります。

今すぐできるので是非確認してみて下さい。

まとめ 人生に妥協するのはもったいない

人生を1日に例えると何時頃にいるのか?

計算してみました。

 

早朝に1日を諦めるなんてもったいないです。

妥協するにはまだまだ早いところにあなたはいると思います。

 

夕方から楽しい1日を送ることだってできるし、いつか眠るその日まで楽しもうと思えばいくらでも楽しめます。

 

朝の段階で妥協してる場合じゃないと思います。

 

真面目に行動していくことで確実に変化は起こる。

自分の経験から私はそれを確信しています。

 

あなたは今、妥協だらけの日々にいますか?

自分を信じられない時もあるかもしれないけれど、あなたは自分が思うよりずっとすごい力を持っていると思います。

 

私が這い上がれたんだから、あなたもきっとできます。

ひとつひとつ、行動していきましょう!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です